和食器屋店主のブログ

〜ぐうたら極楽トンボな日記〜
和食器販売 おとなの和食器屋店主のおしゃべりと大好きな和食器と愛すべき家族や友人のお話しなど
<< 周期 | TOP | 4Kと妄想 >>
レビューと品
0
    以前、女将の里に帰る道すがら何か食べたいと、ネットで探したらイタリアンのお店があったので夫婦でお世話になった。

    そちらも和食器屋と同じく夫妻でこじんまりと堅実にお店を切り盛りされているようで、特にピクルスが妙に美味しく家庭的で気取ったところもなくて楽しくたっぷり料理を頂戴した。
    お客さんも夫婦あり子供連れあり若い女性同士もいらしたりとバライティに富んでいたのが印象的だった。

    おなかも一杯になり、一路女将の里へと向かう道すがら(店主は腰が悪いので女将と交代で運転します)助手席で、先ほどのお店の○○ログなる中に書き込まれたレビューのひとつを拝見して驚いた。

    「やや油っこく、お値段もそこそこする・・・。子供連れでは行く店ではないとみた」云々・・・

    悲しくなった・・・

    折角、レストランを見つけてそんなレビュー(コメント)を見たご家族連れの皆さんはどう思うだろうか・・・

    お値段だって、どうみてもとんでもないような値段では決してない。 私たちでも夫婦で夕食で3000円程である。(言うのも恥ずかしいくらい・・・この歳になると食べれないのである)
    都会ならばむしろ良心的なお値段だ。

    コメントを書いた方は、ちょっとした批評家気取りなのだろうが、その主観的な批評の為にご夫婦ふたりで懸命に切り盛りしているお店に打撃を与えて何になると言うのか。

    和食器屋ではめったな事ではお目にかかれないが、特にレストランなどの飲食のレビューを拝見していて、何かしら殺伐としたものを感じるのは、直接の対話を避け、摩擦を避け、また「倍返し」などという仕返してやるのような風潮。

    もしお店に何らかの不満があれば、まず直接言えば良い事。それで対応が不誠実で、なおかつ納得できなければ、そんな時こそ他の方に知らしめてもそれは仕方ない。他の被害者を出さない為という正当な理由があるから。

    でももし、お店が謝罪や反省をして納得のいく対応をしたならば・・・そこから先は私たち客の「品位」や「人間としての大きさ」の問題である。


    もし誰かが誤って、あなたの服に泥をかけてしまった。もちろんそれは故意ではない。

    あなたは泥がはねた事を相手に知らしめた

    相手は申し訳ないと丁寧に謝罪し、自分が急いで走っていて配慮が足らなかった事を認め反省をし、クリーニングをさせて、もしくは弁償させてくださいと申し出た。

    1.その相手に泥が跳ねた事を言う事ができず、相手に知らしめる前に後ろから泥をかけ返した。

    2.相手の申し出にも関わらず、気分が晴れないので後ろから泥をかけ返した。


    そう、 ここで言う「泥をかける」とは「ネガティブなレビュー」の事である。

    レビューとは一見、「正当な意見」の場のようで実はこの「泥かけ」のような、昨今 学校で問題になっている陰湿なイジメや仕返しと根はかわらない 影の顔も持っている。

    もしネガティブな意見をほんの少しでも述べる時には、そのお店を切り盛りしている皆さんや大きな会社ならその家族も含めての生活にも影響を与えかねない責任と覚悟を持って書くべきだと思う。

    レビューサイトやコメントコーナーは、私たちの「品」や「思慮」が顔を見せる場でもある。

     
    22:26 | 和食器 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://blog.washoki.jp/trackback/995133
    トラックバック

    07
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    --
    >>
    <<
    --