和食器屋店主のブログ

〜ぐうたら極楽トンボな日記〜
和食器販売 おとなの和食器屋店主のおしゃべりと大好きな和食器と愛すべき家族や友人のお話しなど
<< 不謹慎? | TOP | 両方よい事は・・・ >>
店主 久々に怒る
0



    震災から、まもなく一ヶ月。

    ここに来て、一気に関東・東北方面の皆様から元気なご注文と何より元気なお言葉を頂戴するようになった。

    おかげて、ここ数日は休日返上でせっせと食器たちの仕上げと荷造りに追われる毎日。 

    「元気に明るく頑張ろう!日本」などと祈りをこめつつ、ひとつずつ箱を閉めて送り出す。


    ところで、ニュースによると 震災による「自粛ムード」が元凶となって、全国で莫大な経済的二次被害が発生しているそうな。

    そういえば知人の勤める宿泊施設では、お客様が激減した為に一時休館して非正規雇用の方々十数人を解雇せざるをえなかったそうである。

    「自粛」は、避難してる方々を助けるどころか、あらたに「経済的避難民」を作っているんじゃないだろうか。 経済的に貧窮すれば義援金どころではなくなるわけで、結果的に東北の被災地域の復興や被災者の方々への救済を妨げている事になる。


    お花見を自粛すれば、それに毎年頼りにしているお酒屋さん、食料品店さん、露天商の皆さん、そして食品や酒類の製造業の皆さんにとっては莫大な被害が発生するわけで、そしてその方々にはその家族子供たちがいるわけである。

    宴の前に黙祷を捧げたり、ラッパなどの鳴り物を止めたり、ドンちゃん騒ぎを自制したり、募金箱(袋)を回したりすればよい事。 元々庶民のささやかな楽しみである花見を自粛しろなんてのは、いらぬお世話じゃあないか。

    大切な事は、

    いつも通りの生活をして、被災地の事を決して忘れず、自分にできる継続的な救済方法を考え実行していく事だと思う。

    「同胞がこんな事になっているのに花見なんて」とおっしゃた方にお聞きしたい。
    例えばお隣の国で同じ大災害があった時のお花見はどうされるのか、米国で起こった9.11テロやイラク戦争で沢山の罪無き方々がお亡くなりになった時、「いやあれは同胞じゃないから」とおっしゃるのだろうか・・・。

    自分で言うのもなんだが、日ごろ温厚な店主は久々に怒っている。



    「自粛ムード」って、まるで「不幸の手紙」と一緒だわね・・・

    女将がTVを見ながら言う。

    日ごろまじめな奴が、珍しくうまい事を言うなどと思っていると、どこかに電話をしている。

    例によって美容食品だか何だかの通販購入である。



    そこんとこは

    震災とは関係なく ちょっと自粛して・・・。

    23:42 | 世の中 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    こんにちは。
    店主のブログに同感です。

     私の住まいは、茨城県です。
    茨城県も野菜・魚など放射能被害を受けてしまい、
    一部では投げ売り状態みたいです。
    そんな中、地元のスーパーは
    「がんばろう!茨城」というわけで、
    普通に野菜など販売されていて、私たちも
    当たり前に購入をしています。

     そんな中、先日行きつけのカフェへ行ってきました。お店の前には
    「当面、エコ営業とさせていただきます」
    という張り紙が。
    節電・営業時間の短縮とのこと。
    また、地元野菜を使えない、とのことで
    ランチセットの内容が変更されたとのことでした。

     焼サンドセットを注文。
    卵焼きをはさんだパン1ケ・紅茶のみ。
    お野菜は全く使用されていませんでした。
    市場に出ている野菜は問題がないみたいですが、
    やっぱり放射能問題の中、お野菜の使用は嫌がられるのかな。

    でも驚いた事は、いつもと変わらぬ
    1000円というランチのお値段。
    首をかしげてしまった…

    2011/04/06 1:30 PM by バブ
    バブさん、コメントありがとうございます。 不思議です。 地元のお店こそ元気にお野菜を出していただきたいのに・・・・・。 正しくわかりやすい情報が伝えられていない為なのかしらん。 それはそうとして、「世界トップクラスの太陽光発電技術を持っていながら、こんなり高いリスクを伴ってまでなぜ原子力なのかしらん」という素朴な疑問が、どうしてもぬぐえない店主なのでした。 あ〜〜誰か教えて〜。
    2011/04/07 11:46 PM by ぐうたら店主
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://blog.washoki.jp/trackback/995093
    トラックバック

    06
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    --
    >>
    <<
    --