和食器屋店主のブログ

〜ぐうたら極楽トンボな日記〜
和食器販売 おとなの和食器屋店主のおしゃべりと大好きな和食器と愛すべき家族や友人のお話しなど
<< 手をよごす和食器店 | TOP | 5年前の庶民の憂い >>
春の空蝉
0
    あれは23年前だろうか・・・

    病院の新生児室で見た彼女を見て、「赤子」という言葉はこの事なんだと、変な感心をしながら対面をしたのを思い出す。

    その長女が就職のために家を後にした・・・。

    遠方への就職が決まって、わかってはいたのだが、いざ別れとなるとやはり寂しい。  今さらながら、果たして自分は良い父親だったのだろうかなどと自問自答したり、幼い頃の面影が走馬灯のよう浮かんだりと忙く駆け回る頭の中を抑えきれない自分がいる。

    何とか社会人の仲間入りをした時に恥ずかしくないようにと、世間の多くの父親がそうであるようについつい厳しく接してしまったが、それも親がゆえの悲しさなのかもしれない。

    当の本人は、そんな囲いのような思いのする生活から開放されて、期待と不安に胸おどらせている事だろう。



    しばらくは、責任からひとつ開放された自由と寂しさを感じながら過ごそう。

    季節はずれの空蝉のように・・・。

    00:23 | 家族 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    http://blog.washoki.jp/trackback/948308
    トラックバック

    05
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    --
    >>
    <<
    --