和食器屋店主のブログ

〜ぐうたら極楽トンボな日記〜
和食器販売 おとなの和食器屋店主のおしゃべりと大好きな和食器と愛すべき家族や友人のお話しなど
涙笑の・・・
0
    最近夫婦で大笑いする事がめっきり少なくなったが、

    ツイッターでお知り合いにさせていただいた同郷の方の画像に
    女将 ド涙笑 笑いすぎて何べんも涙を拭っていました。
    https://twitter.com/lunanian/status/197275901245919232/photo/1

    店主は、なんて可愛いんだろう。 と 自分の小さい頃を思い出しました。
    23:19 | こども | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    手紙
    0

      もぃもしぃ・・・

      若い作り手に電話をすると、時々 それは可愛い交換手さんが電話を取り次いでくれる事がある。

      子育て真っ最中の作り手。 あまりに可愛いので仕事の話しなんかそっちのけで子供の話しになる。 

      歳はいくつ?

      男の子?女の子?

      そうか、まだ可愛い頃だが、もうすぐ少し生意気になるんだよなぁ

      男の子は小学生までかわいいよなぁ

      などなど・・・



      今さらながら羨ましく思う。


      つい最近、そんな作り手に出したお手紙から・・・


      お子様がお二人との事。子育ての毎日は大変かもしれませんが、家族が揃い、親を頼りにしてくれる一番良い時だと今になって思います。
      我が家は4月から娘が就職、下の坊主は進学で、夫婦二人きりになってしまい、今さらながら 育てているようで実は子に育てられていた事や、子が働き甲斐のひとつになっていた事に気づきました。
      どうぞ充実した時間をお子様方と沢山お過ごしになりますよう。

      *子育てに悩み奮闘されているすべてのお父さんお母さんへ捧げます
      18:36 | こども | - | trackbacks(0) | - | - |
      娘の娘による娘の為の・・・
      0
        ホワイトデーなんである。

        まぁとにかく、世のおじさんはこの日を無視すると大変な目に合うわけで、それに男のつまらん見栄もあったりして、店主のように年齢とともに容姿に自信がなくなるにつれ、その分奮発したりするから始末が悪い。 ん?これって女将の下着と一緒?

        さて、長女は毎年一応チロルチョコに毛が生えたような誠にエッコノミーなバレンタインプレゼントをくれる。
        中年オヤジはそれでも悪い気がしない。 これが男親の悲しいところ。 幼い頃の娘の姿がだぶっている為か、あのお小遣いじゃこんなのが関の山だろ。などと思ってしまうのである。 実はバイトしまくりで、オヤジより可処分所得が多かったりするのである。 女親(女将)は子供達とちゃあんと意思疎通・情報収集してるので、そのへんのところはキチンと把握している。

        さて、オヤジは裕福な奥様方からいただく有名洋菓子店のそれはそれは美味しいチョコたちを冷蔵庫にウズ高く積み上げて(←いつもの嘘。本当は少しだけ)少しずつ食べよう思っていると。 女ふたり、このときばかりは薩長同盟、「おとおさん♪手伝ってあげよっか」 これが手伝うどころか、きれいに掃除までしてくれるくらい協力するのである。
        ああ・・・オレのチョコ(T_T)

        かくして、有名洋菓子店の美味なチョコを思いっっっきり楽しんだ長女に待っているのは、ホワイトデー。

        馬鹿なオヤジは10倍ではすまない買い物をしてしまい。 彼女は恵比寿顔とあいなる。

        これを「海老で鯛を釣る」というのだと自虐的に言いながらプレゼントを渡すと、そんな言葉は聞こえなかったかのように「ありがとう」とニッコリ(^-^*)笑う。 ん〜〜末恐ろしいやっちゃ。
        00:46 | こども | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        おとなの思慮
        0
          皆さんご存知の夜回り先生 水谷修氏が以前「若者のリストカットは伝染します」と言っておられた。 昨今、若い方が自らの命を絶つのを、詳細に報道するニュース内容を見て、伝染しなけりゃ良いけれど、と女将と心配していたら的中した。 文部科学大臣に「ほのめかし手紙」が着いたと、これまたご丁寧に慌てて(かどうかは知らないが)内容を詳細に公開して、それを正直に報道するニュースを見て、これじゃ何十通も同じ手紙が来るぞと心配していたら的中した。 軽々しい批判は避けなければならないが、何か深い思慮が抜けているような、子供を救うのが第一と考えていないような、そんな気がして悲しい。
          01:55 | こども | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

          06
          --
          1
          2
          3
          4
          5
          6
          7
          8
          9
          10
          11
          12
          13
          14
          15
          16
          17
          18
          19
          20
          21
          22
          23
          24
          25
          26
          27
          28
          29
          30
          --
          >>
          <<
          --